荒天をも吹き飛ばす
never young beach、圧巻のライブアクト

雨天対応に追われる市場をなんとか抜けたと思ったら、また徐々に強まる雨脚! 砂浜に建てられた「SAND STAGE」では、トップバッターのtricotがまさかの公演中止に……。

お目当てだったnever young beachも、決行か中止か五分五分といった雰囲気。衰弱しきったので、水餃子を食べながら天候の回復を祈っていましたが……

開始予定時刻を少し過ぎたころ、不安をかき消すようにnever young beachが登場!

ボーカルの安部勇磨さんが「なんとか雨あがって良かったねーっ!」と叫ぶと、一気に湧き上がるオーディエンス。メンバーが音を出し始めたら、本当に雨脚が弱まっていったんです。

そして1曲目の「どうでもいいけど」が始まった瞬間、ピタリと止む雨! 奇跡のような展開を迎える「SAND STAGE」。間髪入れずに「あまり行かない喫茶店で」「Motel」を演奏すると、つい先ほどまでお通夜テンションだったのが嘘みたいに、場内は完全なお祭り騒ぎに。

<お店を出れば雨が上がって 商店街がいい匂い>という「あまり行かない喫茶店で」の歌詞が、まさにこのときの「森道」のすべてを物語っていました。会場に居合わせたすべての人に灯される笑顔。

ラストは「明るい未来」「お別れの歌」というキラーチューンを連発。最後までテンションを落とさないばかりか、一気に観客のボルテージを最高潮まで持っていったnever young beach。初日の一発目にして、ベストアクトを予感させる圧巻のステージを見せてくれました。

SET LIST

1.どうでもいいけど
2.あまり行かない喫茶店で
3.Motel
4.どんな感じ?
5.Pink Jungle House
6.明るい未来
7.お別れの歌

Special Interview1 never young beach

そして『森、道、市場×SHARES』では、特別にライブ直後のnever young beachメンバー、巽 啓伍(たつみ・けいご/Ba.)さん、鈴木 健人(すずき・けんと/Dr.)さんにお話を伺うことができました! その模様をお届けします!!! 
(ちなみに写真は、カメラマンの指示を全部無視して自由にポーズをキメる、ネバヤンのみなさん。ステージ横で海をバックに撮らせていただきました)

――おつかれさまでした! まずは、無事にライブができてよかったですね!

本当にそうですね。一時は雨も強まってどんどん寒くなるし、どうなるか不安でした。
鈴木
僕ら、前日入りしていたんですけど、その時点でけっこう降りだしていましたからね。本当にやれてよかったです。

――「森道」は初めての出演ですよね? 見ている分にはかなりホームな空気があったと思うのですが、いかがでしたか?

いやー、すごいところにステージ立ってるなあって(笑)。
鈴木
たぶんステージ正面から海が見えたのは初めてかも。海沿いのフェスはいくつかありますけど、ここまで近いところはないんじゃないですか!?快晴だったらやばいほど気持ちいいんだろうなって思いました。
うん、でもやってみたら、こんな天気だったけど十分気持ち良かったよね。

――奇跡的に1音目で雨がピタリと止んで、前半3曲のたたみかけもあって、お客さんの表情もどんどん明るくなっていったのが印象的でした。ステージ上から見ていていかがでしたか?

鈴木
ステージ裏に着いたときには、まだステージの設営してましたからね。ギリギリまで「どうする? やれる!?」って。時間の関係もあって急遽セットリストも変更しましたし、こっちも少し慌ててましたけど(笑)。始まったらどんどんお客さん増えていくのがわかりましたし、やってる間に少しずつ晴れていってたから、本当に気持ち良くやれました。
時間が押してたから、たたみかけるようにやったんですよね(笑)。ステージ上からもお客さんの顔がだんだん明るくなるが分かって、こっちもすごいテンション上がりましたし、ホント楽しかった。ギュッと凝縮したいいライブができたんじゃないかな。

――ノリにノッてる、今のネバヤンの力をまざまざと感じてしまいました! ところで、近く新作も予定されているとか??

鈴木
そうなんです! 実はちょうど昨日、大体のレコーディングが終わったところなんですよ。
そうそう、レコーディング、ライブ、レコーディング、ライブの繰り返しで、ようやくそれが終わったところで。やっと一段落、って感じだよね。

――どんな作品になりそうなんですか?

前作よりも圧倒的に、メンバーそれぞれのこだわりが強くなったように感じるのと、総じて新たにチャレンジしてることが多い気がします。
鈴木
うん、根本は変わっていないけど、曲のバリエーションや表現の幅が増えた気がしますね。いろんなシチュエーションで聴いてもらえる、すごくいいアルバムができたと思いますよ!

――おお、それは待ち遠しい! 当然ツアーのご予定も?

鈴木
今はまだ「やります!」くらいしか言えないよね?(笑)
まずはこのフェス・シーズンを乗り越えたいですね。ありがたいことに、全国いろんなところに呼んでもらえているので。新曲もやると思うので、楽しみにしていてください。

――今回のライブも、悪天候やお客さんのしんどい気持ちを吹き飛ばして、とにかくハッピーなものになったと思うのですが、場づくりで気を付けていることってありますか?

鈴木
ステージに上がったら、もうとにかく元気よく楽しくやる、ってことですかね。自分たちが楽しく演奏できてさえいれば、お客さんも着いて来てくれると信じてるし、あとは勇磨(安部 勇磨/Vo.&Gt.)が頻繁にお客さんとコミュニケーション取ってくれるんで。

――今日も安部さん、ライブ始まる直前にちょっとフザけて場を和ませていましたね。

安部の「とにかく楽しもうぜ」って雰囲気に、僕らも引っ張られているし、笑顔になれているところはありますね。その求心力みたいなものは、アイツの持ち味だと思います。
鈴木
あと、今日はリハやったときに、「あ、これはきっと楽しいライブになるな」って予感がしてテンション上がったんですよね。
あ、わかる! 俺もそう思ってた。なんか、そういう瞬間ってあるんですよね。「(天候などの)条件は良くないけど、きっと楽しくなるぞ、今日は!」みたいな。

―― 実際、どんどん人が集まっていきましたもんね。ステージ脇や裏にも踊ってる人がたくさんいました。ちなみにお二人の考える理想の空間って、どんなものですか?

ライブして盛り上がっている瞬間とかは、刹那的だけど……だからこそ理想的な場なんじゃないかと思います。普段生活していても交わらない人たちが、音楽というものに集って笑顔になっている。それが終わればまたそれぞれの生活に戻っていくけど、その瞬間だけは感情を共有できている、っていうのが理想の空間に思えます。

――めちゃくちゃいい話……!

鈴木
じゃあ、僕もそれに同意です(笑)。でもホントに、もし普段何か嫌なことあっても、ライブに来てくれたら少なくともその瞬間だけは、そんなこと忘れられるような空間をつくれたらいいな、と思ってますね。

――ありがとうございました! あとはお客さんとしても、ぜひ森道を楽しんでいってください(笑)

鈴木
ありがとうございました!

Profile
never young beach(ねばー・やんぐ・びーち)

2014年春に安部勇磨(Vo,Gt)と松島皓(Gt)の宅録ユニットとして活動開始。2014年9月に阿南智史(Gt)、巽啓伍(Ba)、鈴木健人(Dr)が加入し、現体制になる。2015年5月にリリースした1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』がロングセラーとなり、同年上半期の『CDショップ大賞』にノミネート。7月には『FUJI ROCK FESTIVAL ‘15』に出演。翌年2016年1月には『YOSHINOKI HOUSE』のアナログ12inch盤、6月に2ndアルバム『fam fam』をリリース。土着的な日本の歌のDNAを残しながら、どこか海外の海と山が見えるような匂いを感じさせる。そしたら誰かが言った……「西海岸のはっぴいえんど」と。

http://neveryoungbeach.jp/