2017.6.5「森、道、市場」総力レポート<Day2> #EMC ライブレポ、インタビューあり!

こんにちは。『森、道、市場 × SHARES』公式レポーターのカツセマサヒコ(@katsuse_m)です。

前回に引き続き、5月13,14日に開催された森、道、市場の様子をお届けします! 今回は、天気にも恵まれて多幸感マックスの2日目! 豊かな自然と豪華なアーティスト、店舗数300を超える市場がつくる空間の様子を、泊まれるモデルハウス「SHARES」の体験レポートと合わせて紹介していきます!

「森、道、市場」と「SHARES」のコラボ経緯はコチラ

太陽光を足元に感じながら、優雅な朝食を

2日目は朝から快晴! 昨日に引き続き「SHARES」内にある、太陽光で床暖房ができるエコハウス「VOLKS-nR」(OMソーラー提供)に宿泊した僕らロケ隊は、朝からポカポカとした陽気を感じながら優雅な朝食を楽しみました。

食器やマグカップなどは備え付け。パンや野菜は地元のスーパーで事前に買っておいたものなんですけど、いつもと違う場所に宿泊したときにつくって食べるサンドウィッチって、何でこんなに美味しいんですかね? と、朝からやたらと感動してしまいました。

朝食を終えて意気揚々と家を出たら、何やら「SHARES」前に人だかりが……。

見に行ってみると、「SHARES」内のモデルハウス「OM-WORKS」(OMソーラー提供)のテラス席をステージ代わりに、「森、道、市場サテライト会場」としてトークショーが!

前半は、堀田裕介さん(foodscape!)、畠山千春さん(狩りガール糸島シェアハウス)、ヘンリーさん(チョークボーイ)という個性豊かなアーティストをお招きし、「OM-WORKS」にOMソーラーの村田昌樹さんがMCとなって「食べること」や「住むこと」についてのトークセッションを。

カツセマサヒコと“村田さん”の関係性についてはコチラ

後半は、John John Festivalのみなさんをお招きして、「土地の音楽と暮らし」をテーマにしたトークと、サプライズでの生演奏が! やはりパブで発展してきたというアイリッシュの音色は、多くの人を惹きつけます。これから本会場へ向かおうとしている人たちが途中で足を止め、のどかな空間に鳴り響く音楽を楽しんでいました。

トークが終わると、チョークボーイさんが書いたボードの前で、集合写真。こちらは前半メンバーのものですね。ただ楽しんで顔ハメしているだけなのに、インパクトがすごい。

Director & Editor: Masaru Yokota (Camp) / Writer & Planner : Masahiko Katsuse / Photographer : Nozomu Toyoshima / Design & Programming : Hiroshi Hara, Hiromichi Horiuchi, Yasuko Chihara(Design Studio L) / Supervisor: MULTiPLE Inc.

SHARESの家 VOLKS-nR(OMソーラー提供)

  • 森、道、市場2017 へのリンク
  • SHARES ラグーナ蒲郡へのリンク
  • OMソーラーコーポレートサイトへのリンク